ブログ

カジノは照明やエンターテインメント、それからもちろんお酒もあって、本当に楽しい場所です。しかし、カジノに入った瞬間から、たくさん得たお金があるのは一目瞭然です。本当なのですよ。ラスベガス大学によると、23 Vegasが所有する2つのカジノが毎年7200万米ドルと50億米ドルも稼いでいるといいます。平均すると1つのカジノが1日に63万ドル稼ぐということになります。   一体どうなっているのでしょう。なぜ皆カジノに大量のお金を捨てるのにそんなに関心があるのでしょうか。 カジノでの浪費をやめるのが難しくなる理由が少しあります。   時間感覚の消失   もしカジノに行ったことがあるなら、そこには時計がなく、あちこちにライトがあり、音楽がずっと流れていることにすぐに気がつきますよね。時計なしで時間を把握するのは非常に難しくなりますし、ライトや音楽によっても把握が困難になります。なぜなら、午前2時は午後2時と同じようににぎやかですし、窓もないからです。こうしてプレイヤーの時間の認識がゆがみ、したがって時間と共に、何時か分からなくなり、ただ疲れるまでプレイし続けるのです。   飲食無料   カジノは飲み物や食べ物は無料で提供します。プレイすればするほど、たくさん飲食できます。これによって、消費しても差し支えない額をだいぶ超えたお金を使っている事実から注意をそらされ続けるのです。というのも、プレイヤーは飲んで騒いで時間の感覚を失います。これとカジノの作られ方(前のポイントで書いたように)が組み合わさって、プレイヤーは理性と時間の感覚を失うのは明白になります。そうして、支払える額よりもっとたくさんお金を使ってしまうのです。   絶え間ない勝利通知   カジノ内でもしも誰かがどこかで勝てば、カジノは確実に皆にそのことを伝えます。ライトやサイレンを使って誰かが勝ったことを皆に知らせるのです。サイレンが長い間鳴り響き、これら全てがプレイヤーの心に叩き込まれます。プレイヤーは、「彼らができるのなら自分だってできる」と思い、そうしてこれまでにないほど無意識のうちに突き進むことになるのです。     お金の代わりのチップ使用   普通の人にとって、お金は全てです。ですので、使うときは注意する傾向があります。カジノは人がお金を使おうとする時、できるだけ使わないようにすることを知っています。したがって、現金の概念は、それと同価値のチップに置き換えられます。しかし、チップは毎日使うお金とは違うので、私たちはチップの価値を忘れ、残ったチップを換金することを考えず、その全てを使ってしまいがちです。     規制されたカメラ使用   たいていのカジノは、誰かに勝利を見せる場合を除いて、カジノ内の写真撮影を禁止しています。ですので全体的にインターネットを見たら、ほとんどの写真が満面の笑みと大量のチップということになります。こうして、カジノで多くの人が負けていることが私たちに分からないようになっているのです。...